iFSイントラレーシック

厚生労働省が認めた、より安全性の高いレーシックを受けたい方におすすめの術式です。

こういった方におすすめです

Point1 フラップ作成をレーザーで行うレーシックでは、唯一の厚生労働省承認機器を使用

近視・乱視・遠視の矯正だけでなく、フラップ作成(レーシックの際につくるフタの部分のこと)もレーザーで行います。そのため「Nレーシック」で使用する「マイクロケラトーム」という機器よりも、さらに安全で正確なフラップ作成が可能です。厚生労働省承認の機器のみを使用し、安全かつ効果的に視力を矯正します。

Point2 レーザーによる高速フラップ作成により、眼への負担が軽減

当院が導入している最新機種「iFS フェムトセカンドレーザー」は、従来の機種と比べフラップ作成の時間が短く、わずか10秒程度です。スピーディーなフラップ作成のため、眼に対する負担も大幅に軽減できます。また、フラップの角度や形状もお客様の眼の状態に合わせオーダーメイドで作成できるため、より安全性が高まりました。

Point3 視力の回復が早い

手術翌日にはほとんどの方が目標視力を得られています。

手術後の見え方のイメージ
  • 近視、乱視、遠視を矯正だけでなく、最新のフラップ作成用レーザーの使用により、見え方の質が向上しました。ただ、角膜のわずかなゆがみまでは矯正できないため、ワンランク上のプランとなる「プレミアム アイデザインレーシック」と比較すると、見え方の質はやや劣ります。
  • 手術直後、夜間に光のにじみ(ハロー)やまぶしさ(グレア)の症状が出ますが、時間の経過とともに軽減されます。
概要
費用
12.5万円(片眼、税込)
定期検診
手術翌日、1週間後、1ヶ月後
この術式で使用する主な機器
手術時:フラップを作成
アメリカAMO社製のフェムトセカンドレーザー「iFS フェムトセカンドレーザー」を使用します。
手術時:近視、乱視、遠視を矯正
アメリカAMO社製のエキシマレーザー「ビジックス・スター S4 IR」を使用します。

術式・費用のページ一覧