レーシックを受けられないと言われた方へ

他のクリニックにて、「レーシックを受けられない」と言われた方は一度ご相談ください。

レーシックを受けられないと言われた方の例

  • レーシックなどのレーザー手術では治療が難しい最強度近視の方や角膜が薄い方
  • 角膜形状不正の方
  • 近視、遠視、乱視が強い方

眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)という視力回復方法があります

レーシックなどのレーザー治療は、角膜の強度を保つために治療できる近視の度数に限界があります。

しかし、「眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)」は眼の中にレンズを挿入する方法のため、角膜の厚さや近視の度数と関係なく手術を行うことが可能です。また角膜の形状が不正でレーシックが不向きな方であっても、十分治療が可能です。

眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)を詳しく見る

高度な医療技術が要求されるため「眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)」の専門ライセンスが必要です

「眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)」は眼の中にレンズを挿入する方法です。

当院では、レ―シックなどのレーザーによる視力回復手術の経験のみならず、同じように眼の中にレンズを挿入する白内障手術や緑内障手術の経験も豊富に積んだ眼科専門医が執刀を行います。

高度な医療技術が要求されるため、眼科専門医の中でも「眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)」の専門ライセンスが必要です。
ライセンスを取得した経験豊富な専門医は、国内でも少数です。

レーシックとはのページ一覧