こんな方におすすめです

レーシックは、高精度のレーザーで視力を矯正する視力回復手術で、近視だけでなく、遠視や乱視も治療可能です。高い安全性と効果から近年注目を集め、全世界では多くの方々がレーシックにより視力回復を実現しています。

こんな方におすすめします! レーシック

長期的に見ると、使い捨てコンタクトレンズを使い続けるよりも、レーシックを受ける方が経済的です。

  • スポーツを裸眼で楽しみたい方、プロ選手の方
  • 仕事柄メガネやコンタクトレンズが装用できない方
  • (ドライアイで)コンタクトレンズがあわない方
  • 左右の度数差の強い方

近視の強さや角膜の問題で、レーシックをおすすめできない場合は他の治療方法をご提案致します。

レーシックの利点

  • 回復が早く痛みが少ない
  • 両眼同時の手術が可能
  • 高い安全性
  • メガネやコンタクトレンズを必要としない高い視力が得られます
  • 矯正精度が高く、視力の安定性が高い
  • 角膜厚に余裕があれば、度数がかわっても追加手術が可能

レーシックの欠点

  • 診断・治療機器の性能に依存する部分が大きい
  • 角膜厚が薄い人や度数が強くて切除量が大きくなり、残存角膜ベッドが薄くなる場合は手術ができない
  • 成長期である18才未満の施術は適していない

    (※各種資格取得のための場合は、十分なインフォームド・コンセントのもと施術することもある)

  • 暗所瞳孔径の大きい人は夜間にハロー・グレアを感じやすくなる。コントラスト感度の低下を自覚することがある。術式によって差があります。

白内障手術後のレーシック

白内障手術後の視力の不満を解消します。

レーシックとはのページ一覧