レーシックを安全に受けるために

レーシックは、眼科専門医が適切な手術を行えば、極めてリスクが低い安全な手術です。
なお、レーシックは、眼球の表面にある角膜の屈折力を調整する手術であり、眼球の内部に触れることはありません。

ただし、レーシックは手術ですから、「100%リスクがない」というわけではなく、ドライアイや夜間に光がにじむなどの合併症が起こる可能性がないとはいえません。だからこそ、レーシックを検討する際は、医師やカウンセラーからリスクも含め、十分な説明を受けることが大切です。

また、万一合併症が起こったとしても、経験豊富な医師による早期発見や適切な処置により、そのほとんどが解消・改善します。手術後に何か心配なことがあっても、保証期間中は無料でご相談いただけます。

眼科専門医の資格の有無は、手術施設を選ぶときの判断基準となります

必ず眼科専門医の診療を受けてください。
眼科専門医とは、日本眼科学会、日本眼科医会の会員であり、その上で眼科手術を含んだ5~6年以上の臨床研修を終了し、専門医の認定を受けた医師です。

「眼科専門医」を取得しないまま、「レーシック専門医」をうたっている医師もいます。

アフターケアは充実しているか?

レーシックは手術をして終わり、という手術ではありません。定期検診だけでなく、手術後、もし気になる症状が出た際に検診が必要になる場合もあります。

どんな手術も100%安全ということはありません。しっかりとしたアフターケア体制が整っていて、いつでも相談できるということが必要です。

おぐり近視眼科では、経験豊富な白内障もフォローできるため、本当の意味で生涯にわたってサポートが可能です。

万全のアフターケア

コンタクトレンズと近視手術、どちらが安全?

レーシックとはのページ一覧