STEP4 手術後

手術後しばらくの間は、眼のケアが必要です

手術後しばらくの間は、角膜の抵抗力が普段より弱い状態にあるため、ケアが重要です。手術翌日からの定期検診を受けていただくとともに、日常生活での注意事項も必ずお守りください。

  • 手術後にお渡しするお薬は、術式ごとに異なります。医師の指示や使用方法の案内にそって服用してください。
    ご自身の判断で減らしたり中止したりした場合、合併症の発症や期待する矯正効果が得られないこともあります。
  • 手術当日より1週間は、ゴミや予期せぬ衝撃から眼を守るため、外出時はお手持ちのサングラスや保護用メガネをご使用ください。
  • ジョギングなどの軽いスポーツは手術後1週間、水泳などは2週間、格闘技や球技など眼に刺激が加わるスポーツは1ヵ月程度お控えください。
  • メイクは、翌日検診でとくに問題がないと診断を受ければ、ファンデーションのみご使用いただけます。ただし眼の周辺への使用は避けてください。
    ※アイメイク、ビューラーは1週間お控えください。
    ※化粧水、乳液などの基礎化粧品は眼の周辺を避けていただければご使用できます。
  • まつげパーマやエクステンションは1ヶ月から可能です。
  • お仕事は職種により異なりますが、たいていのお仕事は翌々日から可能となります。1週間程度は眼を疲れさせないようにご注意ください。エピレーシック・ラセック・PRKを受けた方は、4日程度お休みください。
  • 視力が回復した時点で車やバイクの運転ができます。慣れるまでの間、とくに夜間の運転には十分ご注意ください。なお、運転免許証の「眼鏡等」の条件を外すことが可能です。視力が回復した時点で変更の手続きを行ってください。

レーシックの流れのページ一覧