STEP5 レーシック 定期検診

術後検診(定期検診)は、視力回復状態の確認、創傷治療状態の把握、合併症の早期発見のために行う大切な検診です。末永く健康な眼でお過ごしいただくためにも、必ず受診してください。

なお、視力または見え方に大きな変化を感じた場合は、決められた検診日以外でも受診されることをおすすめします。術後検診は予約制になりますので、お電話にてご予約をお願いします。
また、目薬をご希望の際も医師の診察が必要になりますのでご注意ください。

定期検診について

【1】 手術当日の検診 ~手術直後から少しずつ視力が回復します~

点眼麻酔により手術中の痛みはありませんが、手術後に眼がしょぼしょぼしたり、光がまぶしく感じられる場合があります。医師の診断を受けてからのご帰宅となります。

【2】 翌日検診 ~手術翌日の診察と検診~

手術後の経過、角膜の状態、視力回復状況の確認のため、必ず受診いただきます。なお、手術後の違和感は、ほとんどの場合翌朝には解消されます。

※翌日検診の所要時間は10分ほどです(クリニックの混雑状況により時間が前後する場合もございます)。
※エピレーシック、ラセック、PRKの手術を受けられた方は、上皮の再生を確認するため2日目の検診があります。

【3】 1週間検診 ~手術後1週間はより慎重なケアが大切~

眼の状態が安定するまでにはしばらくお時間がかかります。眼への負担はできるかぎり避けてください。なお、それ以外は普段どおりお過ごしいただけます。

【4】 1ヵ月検診 ~スポーツなどアクティブな生活が可能~

個人差はありますが、手術後不安定だった見え方が、この時期から安定状態に向かいます。

【6】 定期検診後 ~希望される方はいつでも受診~

当院では手術後の定期検診以外でも、随時ご相談をお受けするなど、アフターケアも万全です。

万全のアフターケア

レーシックの流れのページ一覧