前回お伝えした、様々な治療の適応について、 ① 数値で示される医学的適応、および ② 個々の患者さんが抱えている悩みに対する適応 の両方が大切なことは理解いただけることと思います。

今回は、特に①についてもう少しお伝えしたいと思います。日本眼科医会が以下のようなガイドラインを出しております。

レーシック適応 ガイドライン

以下に該当する方は、レーシックを行う際に主治医に治療の合併症や問題がないか、しっかり相談されることをお勧め致します。

  • 18歳未満
  • 高度の近視、遠視、乱視の方
  • 近視がまだ進んでいる方
  • 角膜が薄い方
  • 円錐角膜やそれが疑われるような不規則な乱視のある方
  • 白内障、緑内障、ブドウ膜炎などの目の病気を持っている方
  • 通常の目薬では治らないような重度のドライアイの方
  • 角膜ヘルペスを患ったことがある方
  • 過去に他の屈折矯正手術を受けたことがある方
  • 傷の治りに影響するような重症な糖尿病やアトピー性疾患などをお持ちの方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • 精神安定剤などの向精神薬を飲まれている方
  • 細かいことに対し過度に神経質になる方

いずれにしても、レーシック手術は術前検査で上記のような問題が必ずないか、確認したうえで判断されることをお勧め致します!

////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約