レーシック手術の失敗による失明の心配をされる方は多いようです。

そもそもレーシックは目の表面にある角膜の一部にレーザーを照射するのみで、視力に影響を及ぼす眼の奥の網膜や視神経には触れない手術となります。

昨日もお伝えしたように、レーシックは安全性の高い白内障手術よりも更に安全な手術です。ただし、手術適応を適応検査でしっかり見極めないと合併症を起こすことに繋がるため、無理なレーシックはお勧めしない点は、再度強調させていただきたいと思います。

屈折矯正手術認定を受けた眼科専門医によるレーシックの手術では、他の眼疾患等がない限りレーシック手術そのもので失明することはありません。当院では術前の適応検査を綿密に行い、眼科専門医としてレーシックだけでなく、白内障をはじめとした眼科手術を行った患者さん全てに術後も緑内障等失明につながる可能性のある眼疾患の発見、治療にも力を注いでおります。

感染症についてもレーシックよりはコンタクトレンズ使用による感染症の方が重篤で発症率も高いことが知られており、安全性の観点からはコンタクトレンズより、近視手術の方が生涯にわたるリスクを減らすことにつながると考えます。

///////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約